仕事しながら転職する簡単な方法

「転職活動は仕事しながらした方がいいですか?」
という質問がありますが、答えはYesです。
仕事をしながら転職をするというのは鉄則といって過言ではありません。

仕事しながら転職した方がいい3つの理由

1.転職活動をするのにもお金がかかるから

当然のことですが、転職活動にはお金がかかります。
仕事をやめてしまうと収入もなくなるので、万が一転職活動が長期化してしまった場合、どうしようもできなくなります。
さらに、家庭を持っている場合なら絶対に仕事をやめてはいけません。

「仕事を辞めて短期間で転職先を決める」という方もいますが、転職活動は思った以上に上手くいきませんから、これも危険です。
いくら自分が完璧にしていても、採用するかは相手次第なので、どうしても自分の思い通りにはなりません。
恋愛と同じです。
相手に決定権がある以上、仕事は続けておきましょう。

2.無職の期間を作らないため

実際に人事担当をやっている友人から聞いた話ですが、やはり仕事をしている人の方が印象はいいそうです。
無職の期間が長くなってしまうほど受けられる企業も少なくなってしまい、無事に転職活動を終えても「あまりいい条件の職場じゃなかった・・・」ということになりかねません。

「会社をやめて転職活動をしないと相手に失礼だ!」と言う人もいます。
では、会社を辞めたからといって企業は必ずあなたを採用してくれるのか?

答えはNoですね。
会社を辞めて転職活動をした方が誠実かもしれませんが、きれいごとばかりを言っていられません。
自分の人生がかかっているので、安易にやめてしまわないようにしましょう。

3.精神的余裕を持っておくため

収入源があるのとないのでは、精神的余裕が全然違います。
たしかに仕事をしながら転職活動をするのは、限られて時間の中でやらなければいけないので大変ですが、収入のない中で転職活動をする方がもっと大変です。

収入がないから早く転職先を決めないといけない→なかなか決まらない→焦りとストレスが溜まり正常な判断ができなくなってくる、というような負のサイクルに陥ってしまうわけです。

さきほどの人事担当をやっている友人が「仕事をしている人の方が印象はいい」と言った理由の一つに、「仕事をやめてしまった人は心に余裕がなく、それが態度に表れてしまうから」というものがあるそうです。
仕事がなくて焦っているとは分かっていても、やはり心に余裕があり自分に自信を持っている人の方が一緒に働きたい、と思うものです。

仕事をしながら職探しをする方法

仕事をしながら職探しをするのは少し大変です。
なので、転職エージェントを使って上手に職探しをしましょう。
いちいち書類を送ったりする時間を省くこともできるので、かなり便利です。

登録をするとエージェント側の担当者が決まり、面談を行います。
そこで書類(履歴書・職務経歴書)を渡して、転職の理由や希望条件を話します。
コレ以降、エージェントが希望に沿った求人を紹介してくれるので、気に入ったものがあれば応募の意思を伝えます。

自分で求人を探すことなく希望に合った求人を見つけることができるので、仕事が忙しくても職探しをすることができます。
もちろん同時進行で、自分でハローワークなどで求人を見つけたら、そちらに直接応募してもかまいません。

エージェントは職探し以外にも書類の送付、面接の日程調整、内定後の給与UPの交渉など、全て担ってくれます。
今は書類が電子媒体なので手書きで履歴書を渡すということは、まずないと思います。

まずは一度、メジャーな転職エージェントに登録さてはいかがでしょうか?

≫メジャーな転職エージェントの紹介はこちら

タイトルとURLをコピーしました