東京オリンピックに関われる仕事

*

東京オリンピックに関われる仕事

race-801940_640
2020年に開かれる東京オリンピックでは、仕事の需要も一気に増え、就職・転職のチャンスです。また、今回56年ぶりにオリンピックが開かれるということで、一生に一度あるかないかのチャンスでもありますね。

東京オリンピックに関われる仕事の代表的な仕事と言えば「外国語関係の仕事」などがありますが、例え今はスキルに自信がなくても”5年後までに”と考えれば十分に携わることが可能です。

「自分のスキルを活かせる職業に就職したい」「海外勤務の経験が活かせる職場に転職したい」「もっと人のためになる、やりがいのある仕事がしたい」という方は、これを機に東京オリンピックに関われる仕事に就くのもいいかもしれませんね。

東京オリンピックに関われる仕事 ベスト5

1.都庁の職員

一番確実なのが都庁の職員ですね。日本オリンピック委員会の母体が東京都庁なので、都庁の職員になれば間違いなく東京オリンピックの仕事に関わることができます。実際に、すでに2020年オリンピック・パラリンピックに向けて「オリンピック・パラリンピック準備局」が発足していますから、これから開催日に近づくにつれて関わる人数も増えていくはずです。

ただし、都庁の職員になるわけですから、地方公務員試験に合格する必要はあります。年齢制限の多くが「29歳ぐらい」までですが、中にはキャリア採用枠で59歳まで受けることも可能ですので、転職の可能性も十分にあります。

詳しくは公式サイトで募集要項をチェックしてみましょう。

2.土木・建築業界

これから確実に需要が伸びるのが土木・建築業界の仕事。新しい宿泊施設の建設や橋や道路など様々なところで需要が増えるうえに、建築業界は人手不足でもあるので、比較的入りやすい業界だと言えます。

実際に作業する仕事から作業の段取りなどを業者さんや職人さんに上手に伝える仕事まで幅広くあり、大勢で仕事をすることになるので、人とコミュニケーションを取りながら働きたい人におすすめです。

実際に建物が完成すれば地図にも記憶にも残る仕事なので、やりがいは十分に感じられます。

3.観光業界

現在でも日本に訪れる外国人の数は年間1340万人を越えていますが、東京オリンピックとなれば、さらに訪問外国人の数は増えます。となると、ホテルや飲食、タクシーなどの業界の需要は一気に伸び、求人倍率も高くなります。

特に外国語が話せると、かなりの高確率で採用されるでしょう。特に日本人は外国語を話せる人が極端に少ない国ですから、外国語でサービス案内ができれば引っ張りだこです。

仕事のやりがいを感じられるだけではなく、外国語が話せるということで重要な役職に就くこともできるかもしれませんよ。

土木設計、建築・設備設計の求人が多い転職エージェントランキング

4.広告代理店、イベント、メディア関係

東京オリンピックに関連する商品やサービス、イベントを紹介する仕事ですね。海外のオリンピックでも多くの商品やサービス、イベントが展開されていることを考えれば、東京オリンピックではかなりのビッグプロジェクトに携われるチャンスがあるはずです。

こちらもオリンピック開催日が近づくにつれ盛り上げる仕事が増えていくので、早めに就職・転職しておくことで、東京オリンピック開催時に満足のいく仕事ができるはずですよ。もしかしたら有名アスリートと会う機会もあるかもしれませんね。

5.タクシー運転手

東京オリンピックの際は国内だけではなく世界中から人が集まるので、タクシー運転手の需要は一気に急増します。その分、求人も多く出るので今が転職のチャンス!

給与は「固定給 + 歩合給」なので、自分の頑張り次第で大きく給与を増やすことが可能。逆に「今日はちょっときついなぁ」というときは、適度に休みを取りながら働けるのも魅力の一つです。

タクシー運転手への転職【給料・収入・必要資格は?】

6.スポンサー企業

こういったイベントには必ずスポンサーがいるので、オリンピックに協賛するさ本サー企業に転職するのもいいですね。資金援助だけではなく、実際にビジネスとして携わっている企業もあるので、過去にどういった企業が携わっていたのかを確認してみましょう。

アスリートのスポンサーになっている企業なんかもいいかもしれませんね。いわゆる大手企業であることが多いので、東京オリンピックが終わったあともしっかりと働くことが出来るのもスポンサー企業のメリットの一つです。

求人探しに困ったら転職エージェントを頼ろう!

以上が東京オリンピックに関われる仕事の代表的な例ですが、ここで手間取るのが「求人探し」。

以上の仕事ならほぼ間違いなく東京オリンピックのときに仕事で関わることができるわけですが、実際に転職サイトなどで求人を探そうと思っても「東京オリンピックに関われる仕事ができます」ということが求人票に書いてあることはほとんどありません。

つまり確実性が薄いわけですね。

そこで、おすすめなのが「転職エージェント」。転職エージェントは転職者の希望する求人を探してきてくれたり、履歴書の書き方や面接のアドバイスなど就職・転職のサポートをしてくれるサービスなのですが、転職エージェントを利用すればキャリアコンサルタントが実際に企業に確認を取って求人を探してきてくれます。

→転職エージェントについてもっと詳しく知りたい場合はこちら

特に観光業界や広告代理店、メディア企業・イベント企業、Web・IT関連、スポンサー企業との繋がりが強い転職エージェントは多いので、利用した方が圧倒的に確実でスピーディーに仕事を見つけることができます。

登録から利用まで全て無料で利用できるので、使って損はありません。

→東京のおすすめ転職エージェントはこちら


ここだけは使っておきたい!定番の転職エージェント

DODAの詳細DODA(デューダ)DODA公式ページへ
大手の転職エージェント!求人数・サポート力◎
国内でも最大手の総合転職エージェント。大手だからこその「圧倒的求人の豊富さ」と「転職サポート実績」が魅力。業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが客観的にあなたの市場価値を分析し、アドバイスを行ってくれます。

リクルートエージェントの詳細リクルートエージェントリクルートエージェント公式サイトへ
誰もが知る国内最大手の転職エージェント
DODAと同じく国内最大手の転職エージェント。これまでに31万人以上の転職成功者を出した実績を持っており、利用者の約61%が年収アップに成功している実力を持っています。あなたの市場価値の分析から履歴書の書き方アドバイス、年収アップ交渉まで丁寧にサポートしてもらえます。登録時には職務経歴書・履歴書などは一切必要ありませんので、スムーズに登録することができます。

東京オリンピックに関われる仕事関連ページ

土木設計、建築・設備設計
2020年の東京オリンピックに向けてホテルや道路の開発が盛んになってきていますが、それに伴い土木設計、建築・設備設計への人員も不足しています。 なので、転職先としても転職しやすい分野だと言えます。 土木設計、建築・設備設 […]
タクシー運転手
2020年の東京オリンピックの際に需要が増える職業の一つにタクシー運転手があります。 オリンピック開催時は日本だけではなく世界中から東京に人が集まるので、当然タクシーが利用される機会も多くなってきますよね。 タクシー運転 […]