最適な転職先の探し方

最適な転職先の探し方と3つのポイント 転職のお役立ち情報

最適な転職先の探し方と3つのポイントここでは、最適な転職先を見つけるための最低限心がけておくべき7つのポイントをご紹介したいと思います。転職の就職活動が新卒のときと大きく違っているのは、自分の希望する会社の求人に出会うチャンスが限られている点です。新卒の場合、内定するかどうかは別として、行きたい会社に応募するチャンスはたくさんあります。しかし、転職の場合は、原則として人員補充の必要が生じた時にしか応募のチャンスがありません。希望する会社の求人があっても、採用人数が少ないこともあるでしょう。

自分の希望に合った会社への転職を成功させるには、数少ない応募のチャンスを見逃さず、確実にモノにしなければなりません。そのために、普段から次のポイントを意識しておきましょう。

ポイント1.やりたい仕事を明確にしておく

どこでも言われていることですが「やりたい仕事が明確になっていること」は、転職を成功させるための最低条件です。たとえ会社を辞めた理由が「倒産」や「リストラ」「ひどいセクハラにあった」「いじめにあった」など不本意なものであったとしても、次の会社を探すときには明確にしておきましょう。

同時に「自分はどのようなライフスタイルを好むか」も考えておきたいですね。会社での出世を望み、高収入・地位を手に入れることを人生の最優先とする人と、仕事と趣味を一致させたい人とでは、おのずと会社の選び方が変わってくるはずですからね。

ポイント2.自分の市場価値を把握しておく

日本の会社独特の制度である終身雇用・年功序列が崩壊しはじめたころから、「自分の市場価値はいくらか?」ということが注目されるようになりました。市場価値を把握するということは、自分にはどれぐらいキャリア・経験があり、どんな仕事ができて、どんな資格を持っているのかなどを総合的にまとめること。そして、そんな自分に対する社会のニーズはどれぐらいあるのか?を考えて自分の価値を客観的に把握しておく必要があります。

自分の市場価値を知る方法は簡単で、最近はMIIDAS(ミイダス)のようなアプリ(無料)を使って調べることも可能です。自分の年齢や能力の場合、同じ年齢や能力の人と比べて年収が高いのか?低いのか?ということまで調べられます。

また、ミイダスは人材大手のパーソルキャリア株式会社(旧:インテリジェンス)がこれまでにサポートした実績を元に市場価値を提示してくれますので、かなり正確なものになっています。

ポイント3.現状を認識しておくこと

転職とは「今よりハッピーになる生き方を探ること」と言われますが、実際にはアンハッピーになってしまうこともあります。例えば、転職した先での給料が前の会社より下がることは多いです。企業は勤続年数プラスキャリアで給料を設定します。

なので、転職者の給料は、その企業に新卒で入った社員の給与よりも低めに設定される場合が多いです。また、退職金も勤続年数が長ければ長いほどアップするシステムとなっている会社が多いため、中途採用者が損するケースが多いわけです。

この問題の対策としては、転職エージェントを利用するのがおすすめ。転職エージェントでは、専任のキャリアコンサルタントがあなたの転職先希望条件を満たした上で、現職よりも高い仕事を紹介してくれますので、給料が減ってしまう確率をグッと減らすことができます。また、自分ではやりにくい年収アップ交渉も代行してくれますので、一人で転職活動をするよりも有利になります。

東京の転職に強い転職エージェントランキング

ポイント4.情報に敏感になる

転職を考えたらまずは自己分析をするべき、というのはご存知かと思います。自己分析で「自分のやりたい仕事」が明確になったら、次はとにかく中途採用募集に関する情報に注目しましょう。

新聞の求人広告や求人情報誌、転職サイトなどを見て常に情報を敏感にキャッチすることが大切ですし、転職エージェントに求人が出たらすぐに紹介するように手配しておくのも大切です。

転職の就職情報を効率よく探す方法

ポイント5.「これだけは譲れない」というポイントを明確にしておく

数年前の不況に比べて現在は中途採用募集の情報が増加しています。このうち自分に本当に必要な情報を逃さないようにするには、転職に関して妥協できない部分と、妥協もやむを得ない部分を明確にしておくことが必要です。たとえば「経理という職種には絶対こだわるが、企業の規模にはとくにこだわらない」「SEという仕事と給与の額にはこだわるが、業界にはこだわらない」といった感じですね。

転職先はできるかぎり自分の希望に沿ったところがいいですが、現実には100%満足のいく転職先を見つけるのは困難です。なので、「これだけは譲れない」という条件を明確にして、その条件に合いそうな企業を、山のようにある情報の中から拾い出していくのが近道です。

逆にこれが明確になっていないと、膨大にある情報のうち、どれが自分にとって重要かが分からなくなります。とくに失業期間が長引くと、自分の希望とは掛け離れている会社でも「まあいいか」と思うようになってしまいがちです。

ポイント6.日ごろから真剣にキャリアアップをめざす

情報収集と同時にキャリアアップにも努めましょう。たとえば、在職中の人なら「今いる会社で身につけられるものをすべて吸収する努力をする」、すでに会社を辞めてしまった人なら「新聞を毎日欠かさずに読む」「関連書籍を読む」「スキルを独学で身につける」といったことができますよね。

また、どんな仕事でもコミュニケーション能力は必要ですから、仕事を辞めてもあまり一人きりになる時間が長くなりすぎないように、近しい人たちと会話をするように意識しておきましょう。普段喋っていないのに、いきなり面接で話すのも難しいですからね。

ポイント7.ゼロからのスタートであることを自覚しよう

転職活動をする人のなかには「これまでの自分」にこだわり過ぎてしまう人がいます。キャリアを積んできた人は特にこの傾向にありますね。「自分はこれまでこんなに苦労して、これだけのキャリアを積んできた」という自負を捨てきれずにいると、なかなかゼロからスタートを切ることができません。

「中途採用者は変なクセがついているから敬遠してしまう」という企業も少なくありませんから、もしあなたが30代後半、40代、50代での転職なら特に注意しておく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました