転職する理由

*

転職する理由

転職する場合は「辞める理由」や「転職理由」を会社や面接で説明しなければなりません。
しかし、キャリアプランなどがしっかりとしていて「私はこういうことがやりたいからやめる!」と言えればスッパリと辞められそうですが、実際は人間関係・労働条件・やりがいが感じないといったような、少しマイナスな理由で辞める人も多いですよね。

もちろんこういった転職理由が悪いわけではありませんが、面接のときなどにこのまま伝えてしまうと不利ににはなってしまうので、伝え方には注意が必要です。

面接でマイナス評価にならない転職理由の伝え方

そのまま伝えてもいい転職理由

どんな転職理由でも伝え方によってはマイナスに取られないこともできます。
まず、転職理由をそのまま伝えても良い場合は

  • キャリアップがしたい
  • 正社員になりたい
  • 以前務めていた会社が倒産した

の3つの場合です。
上記の2つはポジティブな転職理由なのでマイナス評価になることはありません。「キャリアアップで、なぜその会社を選んだのか」「どう貢献できるのか」ということをしっかりと伝えると、採用される確率も高くなります。

「会社が倒産してしまった」という理由も個人ではどうすることもできないので、そのまま伝えてもマイナス評価になることはありません。

ただし、クビの場合は少し伝え方を工夫する必要があります。会社都合のリストラなのですが「会社の業績悪化」や「どれだけ会社が悪かったのか」などをわざわざ説明してはいけません。勤めている会社の悪口と取られることもあるり悪いイメージをもたれてしまうので、クビになった理由はサラッと説明して、企業にどう貢献できるかを話しましょう。

言い換えないといけない転職理由

  • 残業が多い
  • 給与が少ない
  • 人間関係が悪い
  • 将来への不安
  • 出産・育児

基本的にネガティブな理由は「その会社で働いてもすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまうので、言い方を変えるか伝えないほうがいいです。もしくは、キャリアアップなどを全面にアピールした上で、きっかけの一つに過ぎなかったことにするのも面接官からのウケは良くなります。

例えば、出産・育児。「私生活と仕事のバランスがとりたい」という理由でも、面接のときには「休みが多いから御社を選びました」ではなく「私生活とのバランスを取りながら、長くしっかりと働きたいと考え御社を選びました」という風に具体的に言い換えるのがポイントです。

もう一つ例を出すなら「残業が多い場合」。まず、「きっかけは残業が多く、私生活とのワーク・ライフ・バランスを見直そうと思ったことです。」から入り、「仕事を見直してみてこういった仕事をしてみたいと思うようになった」というように、最後はキャリアアップ・スキルアップなどポジティブな理由を伝えるといいでしょう。

いずれにせよ、ネガティブな転職理由は伏せ、ポジティブな転職理由を全面に出してアピールするのが面接で合格するためのポイントです。


ここだけは使っておきたい!定番の転職エージェント

DODAの詳細DODA(デューダ)DODA公式ページへ
大手の転職エージェント!求人数・サポート力◎
国内でも最大手の総合転職エージェント。大手だからこその「圧倒的求人の豊富さ」と「転職サポート実績」が魅力。業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが客観的にあなたの市場価値を分析し、アドバイスを行ってくれます。

リクルートエージェントの詳細リクルートエージェントリクルートエージェント公式サイトへ
誰もが知る国内最大手の転職エージェント
DODAと同じく国内最大手の転職エージェント。これまでに31万人以上の転職成功者を出した実績を持っており、利用者の約61%が年収アップに成功している実力を持っています。あなたの市場価値の分析から履歴書の書き方アドバイス、年収アップ交渉まで丁寧にサポートしてもらえます。登録時には職務経歴書・履歴書などは一切必要ありませんので、スムーズに登録することができます。

転職する理由関連ページ

未経験分野への転職を成功させる4つコツ
異業種転職を成功させる3つのコツでは自分の職種を生かした転職成功のコツをご紹介しましたが、中には業種・職種どちらもを全く未経験の分野へ転職したいと考えている方もいるでしょう。 しかし、中途採用の求人広告には、応募資格とし […]
異業種転職を成功させる3つのコツ
「同じ業界内で転職した方が、これまでの知識や技術を生かせるはず」と考える方が多いかと思います。たしかに異業種の企業に転職すれば、業界に関する知識を一から学びなおさなければなりませんし、自分が培ってきた商品知識や人脈は使え […]
ブラック企業の見分け方【3つのチェックポイント】
せっかく苦労して入社しても「経営面が不安定で数年後には倒産」「労働環境・条件が悪い」などということになると、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。 なので、応募企業について「危険度」をチェックしておくことも大切。事前 […]
求人情報の嘘を見抜く8つのチェックポイント
転職先を見つける情報源として、新聞や求人情報誌、転職サイト、転職エージェントなど求人広告があります。しかし、書かれている内容をきちんと確認せずそのまま鵜呑みにしてしまうのは危険です。 転職エージェントならキャリアコンサル […]
転職の就職情報を効率よく探す方法
「インターネットで何かを調べようとしたけど結局うまくいかなかった」という経験をしたことがある人も多いと思います。インターネットは、情報の量があまりにも膨大すぎて「本当に必要な情報」にたどり着くのが難しいですが、中途採用に […]
転職面接の自己PRのポイント
面接では「自分は何ができるか」を伝える 中途採用の面接で必ずといっていいほど要求されるのが「自己紹介をしてください」「自己PRをしてください」ということ。この質問には「この応募者は、いったいどんな仕事ができるのか?自社で […]
転職時に抑えておきたい自己分析の仕方
自分が幸せになれる仕事を探すためには、まず自分自身をよく知ることが大切です。こういうと「企業に好かれるような自分自身を探し出すこと」と誤解する人が多いですが、「ありのままの自分」「これまで気づかなかった本当の自分」を知る […]
最適な転職先の探し方
ここでは、最適な転職先を見つけるための最低限心がけておくべき7つのポイントをご紹介したいと思います。転職の就職活動が新卒のときと大きく違っているのは、自分の希望する会社の求人に出会うチャンスが限られている点です。新卒の場 […]
転職で利用したい企業の本当の口コミが分かるサイト4つ
転職をするときに企業の本当実態を知りたくなりますよね。掲示板を見てみたり、企業の口コミまとめサイトを見てみたりとなど誰でも経験あると思います。 実際に見てみると「残業はどんな感じか?」「職場の人間関係は良好か?」といった […]
マクドナルド退職者の求人
マクドナルドの経営悪化によって転職を考えている方もいるかと思います。 営業や販売などの職種の場合、他の企業からの関心も高く、転職先でもキャリアに見合った仕事や給与で働くことも難しくありません。特に東京都内および近郊では、 […]