転職に必要な期間

転職をしたいと思っていても、あまりにも転職するまでに必要な期間が長いと転職が面倒に感じてしまいますよね。
また、実際に転職活動を行ううえで転職に必要な期間というのをあらかじめ知っておけば、転職活動をスムーズに行えるというメリットがあります。

まず、一般的な転職に必要な期間は3ヶ月~半年といわれています。もちろん個人差はありますが、働きながら転職する人もそうでない人も、3ヶ月~半年で転職に成功しています。

転職の流れは

  1. 求人情報収集・企業研究
  2. 職務経歴書などの作成
  3. 面接日時の調整・面接
  4. 内定・退職手続き

という流れになります。実際に行ってみると、働きながら転職をするのはかなり大変に感じますが、退職して転職活動を行ってしまうと転職活動が長引いた時に焦ってしまったり、精神的に余裕がなくなってしまうので、在職した状態で転職するのがポイント。

もし、時間が上手く取れない場合は転職エージェントなどを利用して、効率よく転職をしましょう。

転職におすすめの時期

また、転職する時期によっても転職活動がスムーズにすすむことがあります。

転職におすすめの時期は「1~3月」「7月~9月」です。この時期はボーナスを貰って転職する人が多くなるため、それだけ企業も人材が不足してしまい、求人の需要が高まります。つまり、普段よりも転職がしやすいわけです。大手企業や優良企業など普段は見かけないような求人も多く出回るため、転職者に有利な転職期間といえるわけです。

また、このときも転職エージェントを利用するのがおすすめ。一般の転職サイトでは出回らない「非公開求人」に応募することができるので、大手企業や優良企業が求人を出した時もよりチャンスが掴みやすくなります。

逆に、転職に向かない時期が「4月」「12月」です。4月は新卒が入ってくるため企業も忙しく、年末も業務があわただしくなるので、なかなか転職がしづらい状況です。

タイトルとURLをコピーしました