早めに転職活動を行った方がいい

「給料が低い」「人間関係があまり良くない」「思っていた仕事と違った」「現在の仕事に将来性が感じられない」など、現在の仕事に不満があって転職活動をはじめたいけど、なかなか一歩踏み出せない方も多いかと思います。
しかし、転職活動は早めに行った方がいいと言われています。

年をとるほど転職は難しくなる

転職において年齢は仕事能力とい同じぐらい大切です。
年齢が高いほど転職で求められるスキルや経験・実績のレベルは高くなり、30代を超えたあたりから転職活動はかなり大変になってきます。

一方、入社して1年・2年なら第二新卒として扱われ、職種に関する特殊技能を求められることはなく、ビジネスマナーとやる気を重視して採用してもらえるので転職では有利になります。

「でも、すぐに辞めるやつと思われるのでは?」と思うかもしれませんが、ポジティブな転職理由を用意していれば問題ありません。
具体的には「人間関係が悪かった ⇒ もっと周囲とチームワークを取りながら仕事がしたい」「給料が低い・年収がアップしない ⇒ 効率的に仕事をして、もっと成果を上げたい」というように、理由を変換することでマイナスに見られることはありません。

今は昔と違って転職があたりまえで、大卒で入社した人ですら3割近くが辞めてしまうわけですから、若い人材ほど採用されやすくなっています。
もちろん20代後半でも能力や経験が重視されはじめますが、まだまだ転職はしやすいと言えます。

今の仕事を続けながら転職活動をはじめる

転職活動をはじめるからといって仕事を辞める必要はありません。
働きながらでも転職サイトや転職エージェントに登録をして求人を探してたり、キャリアコンサルタントに転職を相談することも可能です。

実際に転職者の多くは働きながら転職活動を行っているので、そういった人材紹介サービスを利用したからと言って会社にバレてしまうことはありません(転職に関するメールを見られたりすれば別ですが)。
また、現職の会社への在籍確認などを行われることもありません。

日ごろから求人を探していたりすれば本格的に転職活動をはじめるときに迅速に動くことができるし、応募や面接を行わず求人を眺めながら数ヶ月~1年と仕事を続けているうちに現職が楽しくなってくることもありますので、柔軟に対応できるように少しだけ転職活動をはじめておくのもおすすめです。

おすすめの転職エージェント比較・ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました