タクシー運転手

タクシー運転手 東京オリンピック転職特集
この記事は約3分で読めます。

2020年の東京オリンピックの際に需要が増える職業の一つにタクシー運転手があります。

オリンピック開催時は日本だけではなく世界中から東京に人が集まるので、当然タクシーが利用される機会も多くなってきますよね。

タクシー運転手の給与は「基本給 + 歩合制」によって決まるので、タクシー利用者が増えれば簡単に給与もアップするわけです!

タクシー運転手の給料・収入は平均約年収300万円

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によると、タクシー運転手の給料・収入は平均年収298万200円(※1)と言われています。

平均月収は24万円なので、アルバイトやパートよりも稼ぐことができますね。さらに、東京ではタクシーを利用する人が多いので320~330万円が平均だといわれています。

また、タクシー運転手の給与形態は「基本給 + 歩合制」であることがほとんどなので、仕事の仕方によっては500万円、600万円と稼いでいるタクシー運転手も当然います。特にサラリーマンに向いていない人ほど、タクシー運転手で能力を発揮することが多いんですよね。

というのも、タクシー運転手は雇われているとはいえ基本的に自由に仕事ができるので、自分の考えたとおりに仕事ができるというメリットがあります。当然サボることもできるのですが、コツを掴んでしまえば休みを取りながらしっかりと働くこともできるので、自分で考えて仕事をしたい人に向いている職業だと言えます。

実際に職場の人間関係は嫌でタクシー運転手に転職した人で、のびのびと働いている人はたくさんいます。

「何時にどこで待っていればタクシーを利用してくれる人を捕まえやすい」「どこの駅前にいれば長距離乗ってくれる人がいる」など、いろいろと自分で考えながら仕事ができるのも、やりがいがあってタクシー運転手を天職に考える人も多いそうです。

タクシー運転手に必要な資格

タクシー運転手になるためには自動車の第二種運転免許が必要です。

ただ、タクシー会社では第一種運転免許を保有している人を採用して、タクシー運転手への養成訓練を受けさせて第二種運転免許を取得させる(試験費用なども会社持ち)のが一般的ですの、自分で第二種運転免許を取得する必要はありません。

特に東京でタクシー運転手になるときは、タクシーセンターの地理試験(目的地まで最短の道・距離・料金・所要時間で行くテスト)があるので、資格は転職したあとに勉強をするのが効率がいいです。

タクシー運転手専用転職サイト『転職道.com』

転職道.comの詳細おすすめ度★★★★★
対象エリア:関東圏(東京/神奈川/埼玉/千葉)
求人数:公開・非公開多数
雇用形態:正社員
公式サイトhttps://www.tenshokudou.com/

ここがポイント

タクシー運転手の転職情報は全てココにあるといっても過言ではありません。求人からタクシー運転手の給与や休み、タクシー運転手に必要な知識、企業説明会の情報、無料の転職相談など「知りたい!」と思うことは全てこのサイトに掲載されています。ただ求人を探すだけではなく、実際にタクシー運転手になるまで長くお世話になるサイトです。もちろん登録から利用まで全て無料です。登録してガンガン使っていきましょう。

※1:平成25年タクシー運転者の賃金・労働時間の状況

タクシー乗務員求人情報サイト
高収入より安定して長く働けるタクシー会社の求人を厳選。正社員として長く働けるので家族も安心のタクシー会社を紹介。
タイトルとURLをコピーしました