転職の就職情報を効率よく探す方法

転職の就職情報を効率よく探す方法 転職のお役立ち情報
この記事は約5分で読めます。

転職の就職情報を効率よく探す方法「インターネットで何かを調べようとしたけど結局うまくいかなかった」という経験をしたことがある人も多いと思います。インターネットは、情報の量があまりにも膨大すぎて「本当に必要な情報」にたどり着くのが難しいですが、中途採用に関する求人も似たようなものです。

最近では中途採用の求人は増加傾向にありますが、その膨大な情報の中で「あなたに合った求人」「あなたの希望を満たした求人」を見つけるのはかなり大変です。手間と時間ばかりかかって、結局いい情報が手に入らなかった・・・なんてことも珍しくありません。

そこで当ページでは、ハローワークや転職サイトの情報源の傾向や特徴、利用法をポイントごとにまとめてご紹介したいと思います。これによって効率よく自分の求めていた求人情報を収集することができるようになるはずです。

新聞

昔からある情報収集手段が新聞。最近では利用する人も減り、20代の若い世代だと「そもそも読まない」という人がほとんどかもしれませんが、それゆえに意外と穴場な求人情報を手に入れられることもあります。

全国紙にもっとも求人広告が載るのは日曜日と月曜日の朝刊(もちろん平日にも求人情報は載ります)。

また、各新聞によっては業種・職種に傾向があります。

  • 朝日新聞・・・・・マスコミやクリエイティブ関係、事務系
  • 読売新聞・・・・・事務系、サービス業
  • 日本経済新聞・・・金融関連
  • 夕刊紙・・・・・・サービス、営業系
  • 英字新聞・・・・・外資系、語学関係

求人情報誌・雑誌

求人情報誌は、新聞に比べて情報量が多い点が魅力。発刊ペースは雑誌によって週刊、隔週刊、月刊などがあります。求人情報誌に求人広告を掲載している企業のうち、1週間だけに限定して広告を掲載割いている企業が全体の21%、2週間から4週間連続で掲載している企業が79%だと言われています。

なので、週刊で発売されている雑誌は毎週買ってもほとんど同じ求人しか載っていないこともありますので、できるだけ複数の求人情報誌に目を通した方が効率よく求人情報を集めることができます。特に転職活動が長引き「お金があまりない・・・」となってきたら、1週間限定の求人を捨てて、月1で購入するのもおすすめです。

求人情報誌以外の雑誌には、「ニューズウィーク」の日本版と国際版に内外の求人情報が掲載されています。また、業界専門誌には、その業界の求人広告が載っている場合が多いです。例えば、マスコミ関係なら「宣伝会議」「創」などですね。

ハローワーク

「ハローワークは失業した時にお世話になるところ」というイメージがありますが、実際は失業していない転職希望者でも利用できます。求人・求職に関することなら基本的にどんな相談でも受け付けていますし、無料の職業紹介なども行っていますあkら、一度訪れてみても損はありません。

ハローワークでの職業紹介システムは以下の通りになっています。

【1】まず、ハローワークに置いてあるPCに自分の希望する条件(職種・勤務地・給料・年齢・経験など)を入力し、条件に合った求人情報を検索します。この時点では求人情報の会社名が伏せられており、業務内容や勤務地などの条件のみが提示されます。

【2】自分の希望に合う求人があれば、窓口に頼んで斡旋してもらう(直接企業に応募することができない)。求人情報のネットワークは全国でつながっているので、Uターン・Iターンの求人情報も検索可能です。

ハローワークで転職先を探すメリットには、情報の信頼性が高いことがあげられます。求人情報誌の求人広告などでは、基本的にその会社の都合のいい情報誌か書かれていないというのが実情。ハローワークでも一部「ブラック企業しかない」とも言われていますが、そうはいっても必要事項が明示されるている分、トラブルは起こりにくいです。

もし、もっと確実な求人情報やホワイト寄りの企業に転職したいのであれば、以下の転職サイト・転職エージェントを優先的に使っていくことをおすすめします。

転職サイト・転職エージェント

最近では転職サイト・転職エージェントを使った転職活動が主流です。それぞれの特徴は以下の通り。

転職サイト 転職エージェント
登録料・利用料 無料 無料
求人の探し方 自分で探す 担当者に紹介してもらう
求人への応募 自分で応募 担当者に応募してもらう

転職サイトは自分でサイト内から求人を探し、自分で応募します。転職エージェントはキャリアコンサルタントが担当で付き、あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。サポート内容は「あなたの希望にあった求人の紹介」「今後のキャリアプランの提案」「経歴書・面接の対策サポート」「面接日程の調整」「年収アップの交渉」など。これら全てが無料でサポートしてもらえます。

転職サイトは全て自分で決められるので、上手くいけば転職活動を始めて1ヶ月ぐらいで次の転職先を決めることも可能です。しかし、転職エージェントでは担当者と二人三脚での転職活動になりますので、連絡の取り合いなどもあり平均して3ヶ月程度で転職先が決まります。なので、今すぐにでも転職したいのであれば転職サイトを優先的に使っていくのがいいかもしれませんね。

ただ、「転職サイトしか使ってはいけない」「転職エージェントしか使ってはいけない」という決まりはありませんから、両方合わせて使っていくのがおすすめです。

東京の転職に強い転職エージェントランキング

転職フェア

転職フェアとは、求人を行う複数の企業が一つの会場に集まるイベント。CMや街中の広告でもよく見かけますよね。会場には企業ごとのブースが設けられ、転職希望者は興味のある会社のブースを訪れて会社概要や業務内容を聞ける仕組みになっています。

会場では簡単な面接のようなことも行われますが、合否を判断する面接はフェア後に個別に行われる場合がほとんどです。

他の情報収集の方法と違って、自分で直接企業の担当者と話すことができるので、より確実な情報をゲットすることができます。定期的にしか開催されませんので、タイミングが合うのであれば一度行ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました