失業給付金をもらう方法・手順・手続き

失業給付金をもらう方法・手順・手続き お得な退職情報

失業給付金をもらう方法・手順・手続き失業給付金をもらうには、自分の今日中地区を管轄するハローワークでの手続きが必要です。ハローワークは全国の都道府県に数か所ずつあり、ネットで検索すれば簡単に見つけることができます。

会社を辞めると、会社から「離職票」というものが送られてきます。手続きは、この離職票が届いてから。離職票は通常10日以内に送られてくることになっているので、万一送られてこない場合は、会社に催促の連絡を入れるようにしておきましょう。

雇用保険の失業給付は、いくら条件が揃っていても自分で手続きをしなければ受けられないので注意が必要です。自動的に失業給付金が口座に振り込まれるということはありませんよ。

ハローワークでの手続きには、以下のものが必要です。

手続きに必要なもの

  1. 雇用保険被保険者証
    退職した会社からもらう。万一紛失した場合は、会社かハローワークで再発行の手続きをとる
  2. 離職票
    退職後10日以内に会社から送ってもらう。重要な書類なので、届かない場合は会社に催促する
  3. 印鑑
    認め印でかまわない
  4. 住民票の写しまたは運転免許証
    住所と年齢の確認をするため
  5. 写真1枚
    縦3cm × 横2.5cm程度の正面上半身が写ったもの
  6. 本人名義の普通預金通帳
    郵便局・インターネットバンク・外資系以外

ハローワークでは求職票の記入を行う

ハローワークに行くと、「求職の申し込み」をするための「求職票」(再就職の希望職種や希望年収を書く書類)の記入をする。失業給付を受けるには、この「求職の申し込み」をしなければならないことになっています。別にこれを書いたからといって絶対ハローワークで再就職先を決めなければいけない、というわけでもないのであまり気にせずに記入しましょう。

記入した求職票と持参した離職票などを一緒に担当者に渡すと、そこで希望職種を聞かれるなど簡単な面談が行われます。

求職票や離職票が受理されると、ここでようやく「あなたはたしかに失業中です!」ということが認められ、失業給付を受けるための申し込みが完了します。この日を「受給資格決定日」と言います。このときに「次回の出頭日(説明会の日)」が決められます。初回の手続きは、ここで終わりです。

説明会に参加する

「受給資格決定日」から7日間は「待期」という期間が置かれます。そして待期が終了すると、その数日後(ハローワークによって異なる)に説明会が行われます。説明会では、受給方法などの説明があり、受給資格があることを証明する「雇用保険受給資格者証」と、ハローワークに離職期間中の活動状況を報告するための「失業認定申告書」が渡されます。これらは失業給付を受けるための重要なものなので、大切に扱いましょう。

そして「認定日」が知らされます。「認定日」とは、ハローワークに出頭して求職活動の状況などを報告する日のこと。報告の結果によって、次回の失業給付金が支給されるかどうかが認定されます。「認定日」は日時が指定されるので、必ず出頭すること。

第2回認定日以降は、4週間ごとに認定日(同じ曜日)がくることになっています。認定日に無断で出頭せずにいると、失業給付を受けられなくなる場合もあります。どうしても都合がつかない時には、必ず事前に連絡を入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました