SIerからSEへの転職方法

この記事は約2分で読めます。

SIerとして働いていると

  • 無茶な仕様変更
  • 仕事の範囲の狭さによる、スキルの身に付きづらさ
  • 自分の仕事が役に立っているのか実感できない

といった悩みから、SEへ転職しようと考える方も多いですね。

SIerからSEに転職する場合は、アプリやスマホのゲームを開発しているWEB系の企業への転職がおすすめです。例えば、DeNA社やLINE社などです。

これらの企業は自社で開発をしているため、SIerで働いていた時よりも自分の仕事が役に立っているという実感を得られるため人気です。

また、こういった企業の中には急成長のベンチャー企業もあり、そういった企業に入れば自社サービスに強く関われ、自分が作ったものでユーザーが役に立っていると実感しやすくなります
グッド
SIerからの転職だと「WEB系で働けるほどスキル持ってない・・・」と不安に思われるかもしれませんが、その点も大丈夫。
実は企業側からすればSIerでの勤務経験がある人材はかなり雇いたい人材なのです。

例えば、SIerは仕様書通りに作ることを求められるため体系的にプログラミングを学ばれているので、その点を高く評価しているのです。
JavaなんかもWEB系の企業では使われるので、習得していれば即戦力で雇ってもらうことができます。

また、どんどん成長している企業では自社サービスを拡大させるために、大規模システム開発を経験したことがあるSEを採用することも多いです。

このように、企業からしてみればぜひ採用したい人材であるSIerであり、SIerからすれば今の職場での不満を解消することができる新しいステージですので、SIerからSEへ転職する場合はおすすめです。

WEB系の企業で働くには求人サイトで探すよりも、IT・WEB業界専門の転職エージェント「レバテック」がいいですね。
レバテックでは、DeNA社やLINE社などWEB系の企業でもトップの求人を紹介してもらうこともできます。
また、キャリアコンサルタントと今の職場での悩みや今後のキャリアプランを話し合うことで、自分の強みを見つけてもらえ、最適な転職先を見つけることができます

登録や相談、転職サポートなど全て無料ですので、SIerからSEへの転職を考えている方は、ぜひ利用してみてください。

レバテックキャリア

タイトルとURLをコピーしました