SEからフリーランスへの転職方法

この記事は約4分で読めます。

フリーランスの仕事はSE時代とやる内容は同じですが、給料は倍近くまで高くなります。

フリーランスのメリットとしては

  • 会社員時代より給料が多い
  • 長期休暇を取ることができる

といったところでしょうか。

フリーランスは会社員時代と同じ仕事内容でも、給料はその倍以上だという話も有名ですよね。
プログラマで20~30万円、SEで60~75万円が一般的です。人によってはそれ以上貰っていることもあります。

クライアントの開発現場に常駐して仕事をするのですが、契約の期間が終われば次の仕事を取らずに長期休暇を取ることもできます。

また、仕事を取ってくる営業などはエージェントに登録しておけば全て代行してやってくれるので、自分は仕事やスキルアップのための勉強に時間を使うことができます。
「フリーランスになりたいけど仕事を継続して取れるか不安だ・・・」という方もいるかもしれませんが、実はそんなに大変ではないわけですね。

フリーランスでは「仕事がなくなるかもしれない」というのがデメリットなのですが、エージェントを使っている場合「自分のスキルが使えなくなった時」に仕事がなくなります。
基本的にエンジニアの評価=報酬ですので、自分の頑張り次第でどうにでもなるというわけです。

なので、契約期間が終わって次の仕事を始める前に長期休暇を取って勉強をする人が多いわけですね。

フリーランス専門のエージェント「レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

フリーランスのデメリット

1.収入が安定しない

まずフリーランスになったときに一番最初にあげられるデメリットが「収入が安定しないこと」です。
仕事自体はエージェントの紹介会社やエンジニアを必要とする企業が増えていることもあって、見つからないというこも減ってきましたが、万が一ケガや病気をしたときには有給休暇や労災保険がないため、会社員時代よりも収入が安定しないといえます。
そのため、中には副業を行って別の稼ぎ口を増やしているエンジニアも中にはいるようです。

2.お金の使い方が荒くなる

特に20代の若い人がフリーランスで働くと正社員として働くよりも多くのお金を手にすることになり、お金の使い方が荒くなる方が多くなります。
休みの時間も自由に取ることができるため、つい仕事・勉強をサボりがちになり「気づいたら業務についていくことが難しくなっていた…」ということもあるようです。

逆に、ある程度企業で働いてきた方なら「常に勉強をしていなければ食っていけない」ということも理解しているため、フリーランスでちょっとうまく働けただけでは気を抜くこともないので、長く安定して働くことができる傾向にあるようです。

フリーランスのメリット

1.自由に仕事が選べる

フリーランスは自分で仕事を選ぶことができるので、早い話が自分の気乗りしない仕事をする必要がありません。
自分のスキルアップに繋がる業務を率先して受けることによってイメージに近いキャリアプランを積んでいくことができるので、フリーランスになってから仕事の能力が格段についたという方も多いです。

また、フリーランスの場合、一つの仕事が終われば次の仕事を受けるまで休むことができますが、この間に新しいことを勉強しなおす方も多いです。
少し前までは自分で営業をして仕事を取ってこなければ食べていくのも難しかったですが、最近ではいろいろな企業がエンジニアを必要としていたり、レバテックフリーランスのようなフリーランス専用の人材紹介会社が増えてきたこともあって、「仕事探しはエージェントに任せて自分は勉強をする」というスタイルも取りやすくなりました。

また、家族との時間も取りやすくなり、次の仕事が始まるまでの間「1週間ぐらい旅行に行く」というような家族サービスが取りやすくなるのもメリットですね。

2.節税できる

スキルアップのための技術書や新しいパソコン、プロバイダの費用など、業務に関することであれば経費として計上できるので、節税することができます。
会社員の場合だと決められた税金が引かれてしまいますが、フリーランスなら自分で節税できる分、利益を増やすことも可能です。

実際に多くのフリーランスエンジニアが節税をこまめに行っていますからね。

3.副業ができる

働き方が多様化してきて、あらゆることが副業になるチャンスがある時代になってきましたが、フリーランスなら制限なく副業できるのもメリットです。
会社に属しているとどうしても副業を禁止されていることも多いですからね。

稼ぎの幅を広げられれば、それだけ万が一何かあったときにも柔軟に対応することができるわけですから、このメリットもかなり大きいかと思われます。

タイトルとURLをコピーしました