面談での服装

面談での服装 転職エージェントの基礎知識

転職エージェントを利用する場合、最初に必ずキャリアコンサルタントとの面談があります。このときに少し心配になるのが「服装」。特に、服装の指定がなかったり、「私服で結構です」と言われると「やっぱりスーツで行った方が印象がいいのかな・・・」という気になりますよね(笑)

私服でOK。ただし清潔感のある服装で

特に服装に指定がなければ、私服で大丈夫です。実際に私の友人には、転職エージェントを利用したことがある友人と転職エージェントで働いている友人がいますが、どちらも面談のときは私服だと言っていました。口コミなどを見ても私服の方が8割ほどです。

私服でもOKな理由は、面談は「転職の目的」や「転職先で絶対に外せない条件」「現在の職場の不満」などのヒアリングと、あなたがどういった人物(性格など)なのかを知ることが目的ですので、服装は特に重視しない・私服でもOKというわけです。

ただし”清潔感のある服装”ということは絶対におさえておきましょう。

Tシャツに短パンジーンズなどのラフすぎる服装や派手すぎる服装、汚れたシャツ、ヨレヨレの服など、だらしがない服装は避けましょう。これからお世話になるかもしれないキャリアコンサルタントのヤル気をなくしてしまうかもしれませんからね。

白いのシャツを着ていれば清潔感のある服装に見えるのでおすすめです。「私服OK」と言っても普段着ではなく「ビジネスに相応しい私服」という意味ですからね。

もし「どうしても私服では心配」という場合は無難にスーツで行きましょう。スーツなら相手に失礼に思われることはありませんし、「しっかりとされているんだな」というプラスの印象を与えることも可能です。

面談のときに注意しておきたいポイント

面談はキャリアコンサルタントに自分のことを知ってもらうのがメインですが、自分もコンサルタントがどういった方なのかをチェックする必要があります。転職エージェントを利用する場合は、キャリアコンサルタントの能力によって転職の成功率が変わるので、チェックを怠ると転職活動がスムーズにいかなかったり、転職後に「思っていた企業と違う」といようなことになってしまいます。

チェックするポイントは以下の3つ。

  1. キャリアコンサルタントと相性が合いそうか
  2. こちらの意見をしっかりと聞いてくれそうか
  3. 対応力などコンサルタントとしての能力が高そうか

相性は性格や人間的な相性ですね。キャリアコンサルタントも人間ですから、性格が合わないというのは当然あります。転職エージェントではコンサルタントと二人三脚で転職活動を行うので、相性が悪ければ、それだけ転職活動がやりにくくなってしまいます。この場合は、コンサルタントを変えてもらうか、転職エージェント自体を変更してしまうのがおすすめです。

同じ理由で、コンサルタントの能力が低いと転職活動がスムーズに進まないので、コンサルタントを変えてもらうか、転職エージェントを変更しましょう。

また、コンサルタントは「転職者を転職に成功させる」というノルマがあります。なので、コンサルタントによっては転職しやすい企業ばかりをおすすめしてきたり、いろいろな理由をつけて希望の求人を紹介してくれないこともあるようです。

この場合も転職に失敗する確率が高くなるので、他の転職エージェントを利用すること。あらかじめ他の転職エージェントに登録しておけば、何度か面談を行う内に“どういったコンサルタントがいいのか”を比較することができるので、より転職の成功率を上げることができます。

転職エージェントの利用は全て無料ですので、できるだけ面談の数は増やしておきましょう。

→おすすめ転職エージェントランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました