ITコンサルタントの転職におすすめエージェント【必要な資格・年齢まとめ】

*

ITコンサルの転職に必要な資格や年齢は?

ITコンサルタントの転職におすすめエージェント【必要な資格・年齢まとめ】SEやSIerの方が年収アップ・キャリアアップ目的で次の転職先に選ぶのが「ITコンサル」。コンサルですから企業の改善をお手伝いする仕事であり、そのために高い知識や経験が必要となります。

ただ、学校の先生の知識が完ぺきではないように、ITコンサルタントだからと言って最初から完璧なアドバイスができる必要はありません。あなたが持っている知識は自分が思っている以上に相手の役に立つようなものですから、大げさに言えば何でもない知識やアドバイスが業績改善の役に立つことだってあるわけですからね。

自分で構築できなかったとしても「どういったものがどれぐらいのコストで必要」「この技術が○○に役立つ」といったアドバイスでも、十分役立つこともあります。

必要なスキル・資格

SEの場合だと技術的なことを求められがちですが、ITコンサルの場合は「企業の考えを理解する能力」というのが大切になってきます。SEでも同じようなスキルは必要になりますが、ITコンサルタントはもっと細かくアドバイスすることができ、業績を改善できるビジネス的なスキルも必要となってきます。

資格に関しては必要なものはありません。ITコーディネーター、中小企業診断士、公認会計士、税理士、システムアナリスト、プロジェクトマネジメントプロフェッショナル、システム監査技術者などあれば有利に働くことがありますが、あくまでも第一優先は実務経験とスキルです。

未経験からの転職は簡単ではない。年齢は25歳~35歳が一般的

人にアドバイスをする立場ですから全くの未経験だと採用されるのは難しいでしょう。中には1~2年の実務経験でITコンサルに転職する方もいますが、その場合は企業側の目的と転職者のスキルが合致しているからだと言えます。

基本的にはITコンサルへの転職は25歳~35歳となります。実務経験は3年以上を求められることが多いです。35歳を過ぎるとITコンサルタントとしての経験が要求されることが多いですので、35歳をリミットと考えておくのがいいでしょう。特にIT関係は年齢にシビアですから、挑戦するなら早めにしておいた方が今後の展開も良くなりやすいかと思います。

ITコンサルにおすすめの転職エージェント

1位

レバテックキャリア

★★★★★

ITコンサルの求人数:53件
IT系の最大手転職エージェント。サポート力、求人数ともにトップレベルですので、エージェントを利用するならまず最初に登録しておくべきですね。大手企業との繋がりも強いので、自分の希望する規模の会社や年収で働ける場所が見つかりやすいのも強みです。

2位

DODA

★★★★☆

ITコンサルの求人数:348件
国内でも最大手の人材紹介会社。転職フェアも積極的に開催しており、大手だからこその圧倒的求人の豊富さと転職サポート実績が魅力。IT専門ではありませんが、万全な転職サポートと幅広い求人情報を集めるために利用しておいた方がいいでしょう。

3位

type転職エージェント(旧:typeの人材紹介)

★★★☆☆

ITコンサルの求人数:165件
サポート範囲は東京・神奈川・千葉・埼玉に限定されていますが、その分大企業からベンチャー企業まで幅広く対応。利用者の71%が年収UPに成功という業界トップレベルの交渉力と、足切りが一切ないという親切なサポート力が人気。

4位

テクノキャリア

★★★☆☆

ITコンサルの求人数:24件
機械、電気・電子、半導体、IT関連エンジニアの方のための人材紹介会社。大手に比べると案件数は少ないですが、そのぶんコンサルタントが機械的ではなく、しっかりとこちらの意見を取り入れたサポートをしてくれる強みがあります。


ここだけは使っておきたい!定番の転職エージェント

DODAの詳細DODA(デューダ)DODA公式ページへ
大手の転職エージェント!求人数・サポート力◎
国内でも最大手の総合転職エージェント。大手だからこその「圧倒的求人の豊富さ」と「転職サポート実績」が魅力。業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが客観的にあなたの市場価値を分析し、アドバイスを行ってくれます。

リクルートエージェントの詳細リクルートエージェントリクルートエージェント公式サイトへ
誰もが知る国内最大手の転職エージェント
DODAと同じく国内最大手の転職エージェント。これまでに31万人以上の転職成功者を出した実績を持っており、利用者の約61%が年収アップに成功している実力を持っています。あなたの市場価値の分析から履歴書の書き方アドバイス、年収アップ交渉まで丁寧にサポートしてもらえます。登録時には職務経歴書・履歴書などは一切必要ありませんので、スムーズに登録することができます。

ITコンサルタント関連ページ

歯科技工士の転職
歯科技工士の仕事は「労働時間が長いのに給料が安い」という特徴があるので、別の業界へ転職したという方が非常に多いです。特に新卒での転職率は6割を超えており、他の業界と比較しても圧倒的に高いです。 業界出身者の中にも「業界が […]
小売り
小売りの積極的な人材採用が続いており、厚生労働省によると、5月の新規求人数で「卸売業・小売業」が10%と大きく伸びています。飲食店やスーパーでは時給の上昇も続いており、人手不足とコスト増の板挟みになっています。 イオン、 […]
塾講師
厚生労働省によると、5月の新規求人数で「教育・学習支援業」が前年同月比25.6%も伸びています。求人数で言えば13,753人も伸びており、塾講師転職の好機だと言えます。学習塾ではきめ細かい個別指導を求める生徒が増え、講師 […]
飲食の店長・マネージャー
2016年5月に宿泊業・飲食サービス業の求人数が、訪日客の増加などの影響で8万2857人と24.3%(4月は8%)増えました。 マクドナルドやゼンショーHD、すかいらーくグループ、シダックスグループ、日清医療食品、吉野家 […]
広告業界
マーケティングやイノベーション、経営に興味があって広告業界へ転職される方や、年収1000万円以上を目指して広告業界へ転職される方は多いです。小さな広告制作プロダクションなら名刺を作ったり、街のおもちゃ屋さんのチラシを作っ […]
ネットワークエンジニア
ネットワークエンジニアへの転職は、もともとプログラマとして活躍されていた方が「ネットワーク構築の面白さに気づいて転職する」というパターンが多いですね。 業務自体はプログラマとは違うため、プログラムが得意ではない人でもなれ […]
社内SE
SE、SIerをやったことがある方なら「社内SEは残業が少なくて楽」といったことを聞いたことがあるかと思います。実際に顧客からの無理な要求に振り回されることがないですし、落ち着いた環境で働けることから、転職を希望される方 […]
歯科衛生士
転職ではハローワーク以外にもインターネットの転職サイトを使って求人を探すことができます。 地方から転職してくる場合は現地で求人情報を手に入れることができませんから、必然的に転職サイトメインでの転職活動になることも多いかと […]
プロジェクトマネージャー
SEやプログラマーのキャリアアップ先として人気なのがプロジェクトマネージャー。資格で言うとプロジェクトマネージャーは情報システムの開発プロジェクトを監督する能力を認定する国家資格とされていることからも、その重要性や企業か […]
エンジニア
このページでは機械設計やシステム設計を行うエンジニア職について紹介しています。電子・電気技術・メカトロ技術者などですね。分野によっても仕事内容は変わってきますが、例えばテレビなら「もっと綺麗な映像にするにはどうすればいい […]