異業種転職を成功させる3つのコツ

異業種転職を成功させる3つのコツ 転職のお役立ち情報

異業種転職を成功させる3つのコツ「同じ業界内で転職した方が、これまでの知識や技術を生かせるはず」と考える方が多いかと思います。たしかに異業種の企業に転職すれば、業界に関する知識を一から学びなおさなければなりませんし、自分が培ってきた商品知識や人脈は使えなくなる可能性が高いです。

しかし、一概に「異業種への転職は大変」とは言い切れません。例えば、ある大手ソフト会社では社員の半分が中途採用で、その大部分は同じこにゅーた業界ではなく、金融、流通、メーカーなど異業種からの転職者が占めています。

自社のソフトのウェアを売り込む顧客企業の業種が多岐にわたっているため、それぞれの業界に精通しており、顧客のニーズを的確につかめる異業種出身の社員が必要とされているからです。

では、異業種への転職を成功させるためには、どうしたらいいのでしょうか?当ページでは、異業種転職を成功させる3つのコツをご紹介したいと思います。

コツ1.前職の職種を生かす

まず一つ目のコツは、前職の職種を生かすことです。一般的に業界の知識や商品知識を身につけるより、職種の知識・技術を身につける方が時間がかかります。なので、転職は、むしろ業種にはあまりこだわらず、職種にこだわったほうが上手くいきやすいです。

特に、営業・経理・マーケティングなどは、業種が違っても基本的な仕事内容はあまり変わらず、過去の経験・スキルを継続していかせる場合が多いです。さらに言えば、顧客のニーズを分析して、必要とされる商品を提案して売り込んでいく「提案型」の営業に対する求人は、不況の中でも衰えません。

営業以上に、一定以上のスキルがあれば業種の垣根を越えて採用される確率が高いのが、経理・財務の仕事。特に近年は、連結決算(親会社と子会社、関連会社の収支を合算して決算を行うこと)への移行などといった、会社制度の改革が進められていますから、そうした変化にも対応できる高いスキルをもった人材であれば、業界・業種にかかわらず人気は高いです。

コツ2.伸びている業種を狙う

異業種の転職のコツの二つ目は、伸びている業種を狙うこと。狙い目の業種の一つは、伸びている業界です。現在ならIT、金融、外資Web・ゲーム関連が伸びており、これらの業界のなかには、積極的に異業種出身の人も採用している企業も多いです。

あるいは産業廃棄物の会社など、一般的に人が嫌煙する業界の会社も狙い目です。新卒の学生はほとんどがブランドのある企業に就職したがりますから、敬遠される業界の会社には、潜在的に優秀な人材が不足している場合が多いです。

コツ3.企業の弱点を狙う

異業種で通用するような知識や技術をもっていない、という場合もあるでしょう。そんな場合は、企業情報を良く調べて「企業の弱点」を知りましょう。企業の弱点が自分の強みであれば、企業にアプローチできます。

例えば、技術開発には強いが販売促進には弱いという企業は、「販売促進の経験や知識はこれだけある!」という人を歓迎するでしょう。

これを実践するには、まずこれまで身につけてきたスキルや仕事上のノウハウを一つずつあげていき、異業種での仕事との旧痛点を探っていけばOKです。また、転職エージェントを利用すれば、業界知識に精通したキャリアコンサルタントがあなたの経験・知識を生かせる他業種企業をリサーチして紹介してくれるので、手っ取り早く求人情報を集めることができます。

紹介してもらっても必ず応募しなければいけないわけでもないので、参考にしてみるといいでしょう。

東京の転職に強い転職エージェントランキング

未経験分野への職種を変える転職を成功させる4つコツ

タイトルとURLをコピーしました