飲食の店長・マネージャー

飲食の店長・マネージャーの転職 職種別・業界別
この記事は約4分で読めます。

飲食の店長・マネージャーの転職2016年5月に宿泊業・飲食サービス業の求人数が、訪日客の増加などの影響で8万2857人と24.3%(4月は8%)増えました。

マクドナルドやゼンショーHD、すかいらーくグループ、シダックスグループ、日清医療食品、吉野家HD、モンテローザなど大手飲食系企業では店長のような現場職だけではなく、マネージャーを始めとする本部勤務の人材も求められています。本部勤務の人材は一般求人誌にはあまり出ておらず、転職エージェントを利用した採用の方が盛んです。

また、最近では外国からの観光客の数も増えており、各企業、英語や中国語、韓国語を話せる・理解できる人材を優遇する傾向にあります。大手ほどその傾向は強く、現場はもちろん本部での仕事でも求められる人材となっています。

しかし、そういった人材も一般求人誌ではなかなか募集されておらず、転職エージェントを利用してピンポイントに採用されるのがほとんど。大量採用したいわけではないので、効率よく採用できる転職エージェントを利用するわけですね。

なので、語学力を活かして飲食業界へ参加したい方も以下の転職エージェントを利用して転職活動するのがいいでしょう。今後も大都市の駅前再開発などでホテルと商業施設の新設は続く見通しで、深刻な人手不足が続くと考えられていますが、転職する側から見れば採用されやすく絶好のチャンスだと言えます。

今すぐおすすめのエージェント&転職サイトを知りたい方はこちら

未経験からの転職も可能

全くの未経験での転職であれば、いきなり店長やマネージャーといった役職に就くのは厳しいでしょう。しかし、大手飲食店であればマニュアルも整っており、入職後1~2年で店長になることも難しくありませんし、その先のキャリアプランも明確になってきます。

現職の経験が活かせるものであれば、業界未経験であってもいきなりマネージャーへ転職することも可能です。”飲食”といっても探してみると営業からシステム管理のような技術職まで幅広く用意されていますので、そういった方面での転職を考えるのもいいかもしれませんね。

飲食業界は「休みがない」「ブラックだ」と言われることも多いですが、実際に働いている人は「休みがない=辛いというわけでは誰しもない」とおっしゃる方も多く、やりがいを感じている人も多いです。

管理人の古くからの友人で飲食業界で働いている方がいますが、

ある男性は、お手洗いに立ったのかと思ったら「これから彼女にプロポーズするので、雰囲気のある音楽をかけてもらえませんか?」
ある姉妹2人は、開店準備前に来店され「母の誕生日プレゼントをサプライズで渡したいので、こちらで預かってもらえますか?」

等々、いろんな方の人生の節目に立ち合わせ頂くことができ、他の仕事ではなかなかできない経験だと言っていました。

飲食の店長・マネージャーの転職におすすめのエージェント&転職サイト

1位

itk(アイティーケー)

★★★★★

外食産業・飲食店特化型転職エージェント
外食産業・飲食店に特化した転職支援サービス。業界トップクラスの規模を誇る大手ですので、飲食業界の転職なら一番最初に利用しておきたいですね。求人数は12,000件以上。18歳~50歳まで幅広くサポートしており、求人紹介や面接支援など転職の仕方が分からない人でも安心して転職できるようにサポートしています。

2位

エフジョブ

★★★★☆

飲食業界専門
itkと同じく飲食業界専門の転職支援を行っているエージェント会社。就職・転職を完全サポートし、求人の紹介から面接のアドバイス、給与交渉の代行まで全て無料で行ってもらえます。スープストックトーキョーや東京純豆腐といった大手飲食店も求人を出していますので、幅広い選択肢を持つためにも利用しておいた方がいいでしょう。

3位

DODA

★★★☆☆

飲食の求人数:1,327件
国内でも最大手の人材紹介会社。転職フェアも積極的に開催しており、大手だからこその圧倒的求人の豊富さと転職サポート実績が魅力。広告専門ではありませんが、万全な転職サポートと幅広い求人情報を集めるために利用しておいた方がいいでしょう。

4位

type転職エージェント(旧:typeの人材紹介)

★★★☆☆

飲食の求人数:149件
サポート範囲は東京・神奈川・千葉・埼玉に限定されていますが、その分大企業からベンチャー企業まで幅広く対応。利用者の71%が年収UPに成功という業界トップレベルの交渉力と、足切りが一切ないという親切なサポート力が人気。

タイトルとURLをコピーしました