管理栄養士

すでに派遣で管理栄養士として働いているけど、給与や福利厚生などがあって安定して長く働きたいということから正社員へ転職される方は多いです。
子供がある程度手がかからなくなったお母さん管理栄養士もよく見られますね。

地域差はありますが、年収は300万円~400万円が平均。
同じく一生食べていけると言われる看護師や薬剤師と比べると少し低くなってしまいますが、土日祝日休み・残業もほとんどなしということを考えれば、かなり働きやすい職場だと言えます。

東京で管理栄養士の正社員に転職するなら、転職エージェントが効率的

いろいろと条件が良く働きやすいのが管理栄養士ですが、職場によって働きやすさや給与の低さが違うというのも事実です。

実際の私の友人の話をすると、Aさんはボーナスも出て年収は340万円程度とOLと変わらない給与で働いており、残業月20時間程度、土日祝日は休みという条件ですが、Bさんは手取り14万円程度と栄養士と変わらない給与で、早番遅番あり、お盆や正月の連続休暇もとれないぐらい忙しい職場で働いていました。
現在は、Bさんも転職をして別の職場で働いていますが、管理栄養士の仕事の中にはそういった過酷な状況で働かなければいけない場所もあるので、就職の際にしっかりとリサーチしてくことが大切です。

転職をする際は転職サイトや転職エージェント、就職イベントなどいろいろありますが、より詳しい内情を知るなら転職エージェントがおすすめです。
転職サイトやイベントと違って、キャリアコンサルタントが実際に企業の現場へ行き、ヒアリングを行っているので面談で希望求人の内情(実際の残業時間や有給消化率、職場の雰囲気など)を詳しく教えてもらうことができます。

管理栄養士の正社員求人もある転職エージェント「type転職エージェント」type転職エージェントの詳細

高給与を目指すなら保健管理栄養士がおすすめ

保健管理栄養士は公務員のため、給料もよく、安定して働くことができます。
求人自体はかなり少なく、実際に働いている人も少ないのであまり話題になることもありませんが、病院や介護施設で働ている管理栄養士よりは高給与で働くことができます。

保健管理栄養士の求人も市場に出回ることはほとんどなく、転職エージェントから紹介してもらうのが一番の近道だと言えます。
こういった好条件な求人や珍しい求人は、まず最初に非公開求人として紹介されますので、転職サイトやハローワークだと情報を知る前に募集が終わってしまいます(非公開求人は転職エージェントで紹介されます)

type転職エージェントで非公開のの正社員求人を紹介してもらうtype転職エージェントの詳細

タイトルとURLをコピーしました