転職エージェントの複数利用はOK?伝えるべき?注意点を解説

転職エージェントの複数利用はOK?伝えるべき?メリット・デメリットを解説 転職エージェントの基礎知識
この記事は約6分で読めます。

転職エージェントの複数利用はOK?伝えるべき?メリット・デメリットを解説
「転職エージェントは複数利用するのが鉄則」と言われています。『転職エージェントが保有する求人が異なるので求人の幅・選択肢を広げられる』『キャリアコンサルタントのサポート力を比較できる』『たくさんのアドバイスを貰って総合的に判断できる』というメリットがありますが、

  • 複数利用する場合は、その旨を転職エージェントに伝えるべき?
  • 本当に複数利用した方がいいの?メリット・デメリットは?
  • 実際に何社登録した方がいいのか?
  • 内定を頂いたら、利用している他の転職エージェントにも報告しないといけないの?

ということが気になる方も多いかと思います。

そこで今回は、転職エージェントを複数利用するときのメリットやデメリット、注意点について解説していきたいと思います。

複数利用する場合は、その旨を転職エージェントに伝えるのがマナー

転職エージェントを利用するときは、複数の転職エージェントを利用することをそれぞれの転職エージェントに伝えて置く必要があります。

「他の転職エージェントを利用することを伝えると、サポートが手抜きになるのでは?」と不安になるかもしれませんが、そういったことはありません。

最近では転職エージェント側も転職者が複数社利用していることを前提としているため、最初の面談のときに「他にはいくつ転職エージェントを利用していますか?」「そこではどれぐらい転職活動が進んでいますか?」ということを質問されるぐらいですからね。

隠す必要はありません。むしろ他の転職エージェントの転職活動の進み具合によっては、求人の紹介などが素早くなることもありますので、利用している転職エージェントについてキチンと説明しておきましょう。

複数利用を伝えなかったらどうなる?

複数利用していることを伝えておかなければ応募の際にトラブルが起きやすいです。

たとえば、面接の予定が決まっていたのに「実は他の転職エージェントで内定が出たので、キャンセルで・・・」と言われたら、転職エージェント側からすればかなり迷惑ですよね。特に転職エージェントという仕事は企業との信頼関係が大切ですから、そういった事態になると非常に困ります。

自分は転職する気がないし企業も採用する気がないのに、半ば強引に面接を受けさせられ、何とも気まずい雰囲気を味わう…なんてことも。

重複応募のトラブルが起きることも

また、掛け持ちしている転職エージェント同士で同じ企業に応募してしまった場合、後から応募した転職エージェントには「すでに他の転職エージェントからの応募があります」というメールが届くようになっています。このような重複応募は多く、転職エージェントからも企業からも評判が悪いです。

印象が悪くなってしまうと採用に影響しかねませんし、キャリアコンサルタントのやる気にもつながるので、複数利用は必ず事前に伝えておきましょう。

本当に複数利用した方がいいの?掛け持ちのメリット・デメリット

メリット デメリット
・求人情報を幅が広がる
・たくさんのアドバイスを貰える
・キャリアコンサルタントを比較できる
・連絡が面倒
・選考の管理が面倒

「本当に複数利用した方がいいの?」これもYesです。転職エージェントにはそろぞれ得意な業界があったり、扱っている求人も違います。

例えば、ワークポートというゲーム業界に強い転職エージェントもあれば、マイナビエージェントのようにいろいろな業界に強い転職エージェントも存在します。

転職エージェントは分野を絞った「専門型」と幅広い分野に対応した「総合型」に分類することができ、それぞれにメリット・デメリットがあります。

さらに言えば、担当してくれるキャリアコンサルタントとの相性もあります。最初から相性が合えばいいのですが、中には「上手く意思疎通が取れない」「求人の紹介などの連絡が遅い」というように、自分に合わないキャリアコンサルタントもいます。

キャリアコンサルタントとの相性が合わないというのは、転職エージェント利用者なら誰もが感じたことがあることですし、実際に元転職エージェントだった人も「転職エージェントはキャリアコンサルタントによって差が大きい」と言うほどです。

なので、少しでもスムーズにストレスなく転職活動に専念するためにも最初から複数の転職エージェントに登録しておいた方がいいというわけです。

関連記事:転職エージェントの選び方【失敗しない4つのポイント】

デメリットは連絡が面倒だということ。2~3社ならまだ余裕がありますが、7~8社になるとどのエージェントの選考がどれぐらい進んでいるのか管理するだけで手いっぱいになってしまうことも。

最初は複数登録して、少しずつ絞っていくのが上手に利用するコツ。キャリアコンサルタントとの相性や求人の質などを比較し、厳選していきましょう。

断る場合はどうすればいいの?

複数に登録すれば、その中で「あっ、この人なら安心してサポートを任せられる」という担当者に出会うことができるかと思いますので、そういった転職エージェントに絞って転職活動を行うのが理想です。あまり多くの転職エージェントを同時に利用していると、転職エージェントとのメールでのやりとりが大変になったり、同じ時期に面接の予定が入れば自分で調整しなければいけなくなって面倒なことになりますからね。

最初だけ複数社登録をして「面談やメールでのやり取り」「紹介される求人」などを比較して、「合わないなぁ」と思ったものから登録を解除していきましょう。

解除の方法はメール一本で断ってOKです。ある程度求人を紹介してもらったり、面談を何回も行ってもらったのなら電話で解除をお願いする方がいいですね。解除の理由が「担当者と合わなかった」という理由だったしても、「転職先が決まった」というようにオブラートに包んでメールを送りましょう。

また、転職エージェントによっては登録解除の方法を掲載していなかったりする場合もありますが、その場合はお問い合わせから解除の要請が必要です。

内定が出た場合は、他の転職エージェントにも連絡をする

たとえば、転職エージェントをA社・B社・C社の3社利用していた時にA社経由で内定を頂いたとします。この場合、B社・C社にも内定が出たことを伝える必要があります。

内定が出たことを伝えなければ、キャリアコンサルタントはあなたのために求人を探したり、企業の人材採用担当者にあなたのことをプッシュしたりなど、ムダな手間をかけてしまいます。せっかく転職活動をサポートしてくれた方に失礼となってしまいますので、内定が出たらなるべく早く連絡をいれておきましょう。

実際に何社登録した方がいいの?

これは自分が良さそうだと思った転職エージェント全てに登録するというのが正解です。

さきほども説明したとおり、転職エージェントには「それぞれの強み」「取り扱っている求人の違い」「担当者の相性」など様々な違いがあります。転職というのは情報収集が命ですから、様々な転職エージェントの求人を調べたり、キャリアコンサルタントを面談をすることが非常に重要になってきます。

ポイントとしてはDODAリクルートエージェントのような総合型の転職エージェントに必ず登録しておくこと。総合型の転職エージェントは求人の数が多いので情報収集にはピッタリですし、大手の場合は転職サポートの経験が豊富なので安心してサポートを受けることができます。

その他には自分の転職したい業界に強いエージェント(専門型転職エージェント)があれば、よりレベルの高いアドバイスや業界の好条件求人の情報を集めることが可能になります。

他社転職エージェントとの複数利用ができるおすすめ転職エージェントをいくつかご紹介しておきます。

特徴
総合型 DODA 求人の数がとにかく多い
リクルートエージェント 無理やりな求人紹介がない
パソナキャリア キャリアコンサルタントがとにかく親切
専門型 女の転職@type 女性の転職に特化
ハタラクティブ 20代の転職に特化
レバテックキャリア Web系に特化
JACリクルートメント 外資系に特化

東京の転職に強い!おすすめ転職エージェント

タイトルとURLをコピーしました